私達夫婦の新築の家

明日から忙しくなるなぁ

税理士にとって1月から5月までは超多忙な時期が続きます。急ぎのときは加藤税理士事務所にお知らせください。

 

1月は、支払調書関係の仕事があり、源泉所得税の納付書や指導をしてあげる必要があるのです。
同時に3月の確定申告に向けて、帳簿がしっかり出来上がっているかを確認してあげなければいけないです。

 

実際、個人事業者のほとんどは帳簿などつけていないことが多いです。
よければ山形の経営計画を試してみませんか?

 

これは、青色申告をしている事業者でも似たようなものです。
できるだけ帳簿の記帳を指導しているのですが、みなさん毎日の仕事が忙しくてそこまで手が回らないのが実情です。
しかし、申告を作るためには最低限の資料は必要ですから、こちらも早めに手を打っておくのです。

 

関与先が個人事業者だけであればいいのですが、それだけでは税理士として生活はできません。
法人の関与先がどうしても必要です。
もしよければ鶴岡市の税理士で申込み下さい。

 

しかし、法人の決算月はどうして3月に集中するのだろうかと思います。
もしよろしければ山形の相続がお奨めです。

 

得意先の関係で3月にする必要があるのであればやむを得ないのですが、特に理由もなく3月にしている法人が多いです。
3月決算法人の確定申告書提出期限の5月末まで税理士は大忙しなのです。お困りでしたら山形の税理士へ連絡をしてみてみましょう。